読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選ぶ景色、もとい雑記。

思いつきとかメモとか残したいものとか残したくないものとか。

the cabsについて

the cabsはもういない、きっと戻ってもこない。

でも大好きだった。

彼らの作る音楽が、大好きだった。



でも正直、ライブは苦手だったんだよな。
ボーカルへたっぴだったし、ギターとドラムが鬼気迫りすぎてて怖かった。

だからもっと、上手になって、鋭すぎる棘が無くなって、優しくなっていく彼らを見たかったんだよ。

もっとたくさんの人に自信満々で勧められて、たくさんの人に聴いてもらえて、たくさんの人に愛されるバンドになっていって欲しかったんだよ。

すごく、えらそうだけれど。


曲が、とんでもなく良いのよ。
そしてそれを作っていたのは、國光さん。

他の2人も重要だけど、今はもうそれぞれ別のバンドに行ってしまったし、やっぱりcabsの根幹は國光さんだったのだと思う。


國光さんがソロで復活したのはすごくすごく嬉しい。

純粋に彼から新しく生まれた音楽がとても楽しみだし、音源も買うつもり。


石田スイさん、ハイスイの愛さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうありがとう。



でもね、私にとって1番大事だったのは、やっぱりあの3人が揃ってthe cabsというバンドをやっていたことなんだ。


だから私はこれからも、あの時間の中で生まれてきた音楽たちを愛し続けるよ。