読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選ぶ景色、もとい雑記。

思いつきとかメモとか残したいものとか残したくないものとか。

ハイスイ半端ないって

某サッカー選手のあれの抑揚で。ぇ


昨日6/5、渋谷WWWにてハイスイノナサワンマンライブを見てきました。

いやーもう素晴らしかった、めっちゃくちゃ楽しかった!!今年見たライブで暫定1位!!!
ライブ自体が久しぶりだったのもあって、最初の1音目が鳴り出しただけでもうなんかにやにやしてしまった。(危ない

告知あってからわりとすぐにチケを取ったから整番15番とか最前余裕な感じだったのだけど、WWWは1段目の高さがステージとほぼ同じくらいで距離も近いので、1段目柵前ど真ん中という超特等席で。

愛さんと度々目が合って恥ずかしい…///ってなってました。もちろんただの自意識過剰です。

記憶力があれでセトリは全く覚えていないのだけど(というかそもそも曲名と曲がほぼ一致してない)、とにかく最初から最後までずっとかっこよくて楽しくて仕方がなかった。

全員よく見えるところで見られたので、せっかくのVJを見てる暇があまりなかったな、本人たち(主に手元、主にドラム、主にパーカッション)ばかりガン見してしまった。あと愛さんの麗しいお顔。ぇ


ハイスイの曲、音源で初めて聞いた時はあの複雑で緻密で幾何学的な音の連なりをライブで再現するってどうするの???って思った記憶がある。

でもそのあとライブを初めて見て、圧倒されたよね、「再現すること」が目的ではないんだよね。
それを超えたその場で生まれる、生の音楽が呼ぶ波のようなものがある。
グルーブって言葉はあまり好きではないのだけど、でもやっぱりそれが一番近いのかな。

もちろん技術もあって冷静さもあって再現率としてはかなり高い水準だからこそいえるんだけど、それでも正確さでいったらそもそも100%再現するのは無理な構成の曲も多くて。ミスも多少は出るし。笑

やっぱり音源より良い意味で抑揚があるし、観客も含めてハコが全部飲み込まれる感覚というか、特に昨日は一滴の水滴の中に吸い込まれたみたいだなと思った。表面張力。

音の数は多いし拍子もばんばん変わって複雑なことたくさんやってるはずなんだけど、それが分離せずにまとまった一つの音楽の塊として押し寄せてくるから、全然違和感ないんだよねぇ。ガンガン踊れちゃう。(極端に拍子取りにくいやつを除く。笑)

MCの雰囲気とかもすごい良い。弟大好きだわまじ天才だわ。笑
ア◯◯があるモスマン。 #とは

愛さんまじかわいいし。天使。
歌のパワーが前に見た時より遥かに増してて、ぐいぐい持っていかれました。特に中盤から後半すごかったな。

それから昨日の最大の収穫としては、パーカッションサポートの佐藤のかおりちゃん。ハイスイでもこれまで何回も見たことあったはずだしオーリオールも前に見てるんだけど、今までこんなに近くて見通しが良いところで見たことなかったから気づかなかった。素敵すぎる。

本当にパーカッショニスト然としたパーカッショニストというか、パーカッション愛してるのがばしばし伝わってくる動きと表情。職人でアスリートでそれでいてまさにアーティストだった。なんだその説明。
とにかくご本人が楽しそうでこちらもスーパー楽しくなっちゃった。なめらかでしなやかで無駄のない動き、でも力強くもあってぐんぐん泳ぐイルカの尾ひれみたいな曲線美。ああもう美しかった。

ザーサイさんのドラムも相変わらずの緊張感と鮮やかさでたまらないね。
でも昨日の一番の見どころは予定外アンコの覚醒っぷりかと。笑
まじでアンコールやらないつもりだったのに照井のよっちゃんが言い忘れたため、本編でもやった新曲2をやるという。
普段の張り詰めた空気をぶわっと脱ぎ捨てて、本能のままに叩きまくる姿(と顔芸)が凄まじくかっこよかった。良いもん見た。


あ、全員についてコメントしてないからあれだけど、弟のギター、コーラスと兄ベースとキーボの方(おい)とコーラスのかおりさんとゲストのバイオリン、チェロの方も素晴らしかったよ!とてもとても!!チェロのぐわってきたやつすごかったな!!(雑

とにかく昨日のワンマンはああいうマスロック?的なの(ジャンルよく分かんない)が好きな人なら絶対見て欲しかったよね。というかこれからでいいから見てみてほしい。


ゆっくりだけどこれからも続けていくよ、と言ってくれたので今後も引き続き見ていきたい所存。


ハイスイノナサ×大西景太「logos」 Live - YouTube


「変身」発売記念ライブなのにあえてこっちを貼るという。笑
変身も他の曲もめっちゃかっこいいから!!