読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選ぶ景色、もとい雑記。

思いつきとかメモとか残したいものとか残したくないものとか。

やいま旅2

前記事続き。

3日目(9/11)
この日は石垣島から出てさらに遠くの波照間島へ。10時台の高速船に乗ろうとしたらチケット売り切れてたので、11時台の次の便のチケットを買って、しばらく待ち。その間に離島ターミナル前の喫茶店海坊主で朝ごはん。沖縄っぽさは特にないけど、なんかいかにもモーニング!って感じのセットでとても美味しかった。ゆったり。

f:id:haretara:20150920115022j:image

それからいよいよ船で波照間島に向かう。船酔いを恐れてたので、連れと延々食べ物しばりしりとりしていた。子供か。でも船で1時間以上、特に後半は外洋に出るからめちゃくちゃ揺られてキツかったし、そのキツイ時間帯を乗り切るのに結構効果はあった気がする。無言じゃ無理だわ。(船のエンジン音で普通の会話はしにくい。)食べ物しばりなのに「う、、う〜ウルトラマンタロウ〜、ウルトラの母ウルトラの父ウルトラマンティガ」とかウルトラマンシリーズを畳み掛けてた時はかなり船酔いピークだった。(???)

船がやっと島に着いて、まぁぐったりしつつ港で宿のお父さんの車を発見したので乗せてもらって宿へ。(他の人がお迎えすでに呼んでたので便乗)
波照間では、ガイドブックに載ってたいくつかの宿から、良すぎる写真(宿のお父さんお母さん)を見て選んだ民宿、うりずん家さんでお世話に。宿に普通にあひる2羽がいて笑った。全然動じない。かわええ。

f:id:haretara:20150920115111j:image

とりあえず荷物を置いて、歩いてすぐ近くの共同売店に行ってみる。黒糖アイスを買って食べたりお散歩してたらヤギにあったり。また宿に戻って、自転車を借りていざ海へ!波照間のニシ浜(北にある)は離島でも屈指の綺麗な海らしく、台風後で若干コンディションがよくない状況でも確かにめっちゃ綺麗。そういえば2日目に石垣島でゴーグルをゲットしてたのがとても役立った。

f:id:haretara:20150920115147j:image
f:id:haretara:20150920115228j:image

この日も風と波が結構あったからちょっと遊んだらだいぶ疲れて満足したので、それから自転車で最南端の碑を目指す。ガイドブックにさらっと載ってて浜からの標識にも5kmって書いてあったから、そんなに遠くないと思ってたら結果的にぐるっと島を半周くらいしてしまい、めちゃ遠かったw
でもほとんど誰もいない農業地域をわーわー言いながらチャリで走り回ったのがすっごく楽しかったな、なんかたぶんああいうなんでもない時間が、走馬灯で流れるんだろうな。あるとしたら。季節の子供。なんとか碑にたどり着いて、まっぁ誰もいない!見事に誰もいない!!でもかなり走ってたどり着いたので達成感はすごかった。笑

f:id:haretara:20150920115612j:image
f:id:haretara:20150920115420j:image

帰りもそこそこの距離を走って集落に戻って、少し休憩。そういえば昼食を忘れてたから、お腹すいたお腹すいたと言いながら夕飯待機。ようやく宿の夕飯タイムになったのでお庭?というか、屋根ありの屋外テーブルに夕飯ありで泊まってる人集合。それほど豪勢というわけではないけど、たぶん島の人たちが普段食べているのとそんなに変わらない、必要なものが必要なだけある慎ましくもとても美味しい食事。
買ってきたオリオンビールを飲み、それからなんと幻の泡盛と呼ばれる「泡波」の瓶をドンと置いて、みんなで好きに飲んでね、と。なんという大盤振る舞い!まぁ私は泡盛飲めないので、美味しそうに飲む人々を楽しく眺めてたわけですが。泡波、帰りにお土産やさんで少し見かけたけど、1本(一升瓶じゃなくて普通の?サイズ)6000円くらいだった。。oh…

お客さん同士で結構話せたし、その場で簡易コンロで石垣牛の冷凍ハンバーグを焼き出すお兄さんにもずく(超美味しい)貰ったり、意味わかんないけどスーパー離島の民宿っぽくて楽しかった。笑
やいま4回目のお兄さん、一人で大阪から来たお姉さん、そのお姉さんと仲良くなってたちょっと見た目いかつめお兄さん二人組(でも良い人)、そのハンバーグお兄さん、お酒好きじゃないシャイ彼氏と茶目っ気ある感じの彼女のカップルさん、そして宿のお父さん(一緒にご飯食べて麒麟淡麗飲んでたw)お母さん、みんな素敵で巡り合わせだなぁご縁だなぁと。

そして夜、ゆんたくもそこそこに星空観測ツアーへ。今回初めて来た人はだいたいみんなバスに乗りこんで、少し離れた観測タワーへ。最初は思ったより星見えないかな〜と思ったけど、観測タワー屋上で、周りの電気が消えて目が慣れて解説を聞いていくと、それはもう膨大な星が見えてきて圧巻。星座の解説を色々してくれたけど、何より驚いたのが天の川が本当に白い帯状にはっきり見えたこと。それから本当に星で明るい空では、雲が黒く見えるし、星の明るさで十分周りが見渡せること。流れ星が常時流れてるのは知ってはいたけど、本当に頻繁に流れて、みんながざわつく度に解説のおじさんが「はいはい珍しくないんで話続けますね〜」って笑いをとっていた。笑
あと流れ星は実際は宇宙の塵だから「星に願いをなんていってもみんなゴミに願いを、ってやってたわけなんですね〜」も定番ネタらしい。笑
ツアーから戻ってからも、少しお散歩して道に寝っ転がってさらに星空を見てきました。波照間にはハブがいないそうで、サソリとムカデは出るかもしれないけど痛いだけだから大丈夫!と仰っていた。大丈夫なのかそれ。幸いどれにも当たらなかったけどね。


そんなこんなで3日目終了。ペースアップどころかペースダウンしてるね。まぁ楽しすぎたから仕方ない。波照間本当に一番良かった。こじんまりしてて人が少なくてでもあったかくて、何にもなくて海や景色がこの上なく綺麗で。絶対また行く。あと星空はさすがにスマホで撮影できないから、今度は一眼レフ買ってくかなぁと思うくらい。もちろん目には焼き付けてきたけど、それでもやっぱり記録として残したい。次はきっと。

また残りは改めて。