選ぶ景色、もとい雑記。

思いつきとかメモとか残したいものとか残したくないものとか。

沼をとぶひと、つくるひと

久しぶりすぎる。この場の存在を忘れていた。

 

なんだか色々とあったような、なかったような。

 

いやあったんだけどね、まぁいいじゃない。

 

見たアニメの感想というか、温度のメモ書きの場だったような、溢れた感情の秘密の置き捨て場だったような。

 

まぁまぁ、いいじゃない。

 

私はほんとに器用貧乏すぎてなんにも作れないな。作れなかったな。

 

でも逆に、ほんのちょこっとずつならこんだけいろんなポテンシャルあるかもよって思ってみるのもいいかもしれない。

 

音楽、絵とかデザイン、ウェブ、文章、とかとか。

 

やってみたさはあるんだよね、何かに注力すればそれなりにやれるんじゃないかとか思って、思うだけでやって来なかったわけだし、そこに一つの答えがあるっちゃあるのだが。

 

それでも未だに捨てきれない憧れがあるのなら、別に今からなんかやってみてもいいんじゃないのかなとかね、思ったのよね。

久しぶりにね、思い出したんだよね。

 

やってみる、ってことが出来たなら、それはそれでまた新しい一つの答えなんじゃないかなとかね、そうそう。

 

それで私が比較的容易に扱える、日本語というやつがあったなと、文章というやつがあったなと。そこからまずは、思い出して引っ張り出してきたわけだね。

 

三日坊主が見えなくもないけれど、とりあえず何かアウトプットする側への憧れくらい、アウトプットしておいてもいいかなと。

 

一個思いついたのは、それこそ器用貧乏そのものを押し出しちゃうこと。なんでもぜんぶ、中途半端でへたくそだけどとりあえず一人でぜんぶやってみること。

…まぁたぶんそれは無理だけど笑

でもいつか使える日が来るかもしれないから、一応残しておこう。

 

私が何か生み出せるとしたら、やっぱり音楽が一番近いのかな。

 

 

ひとまず作曲アプリでも落とそうかな。

安易笑