読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選ぶ景色、もとい雑記。

思いつきとかメモとか残したいものとか残したくないものとか。

羨望

いいなぁ、良い文章が書けるというのはとてもとても羨ましいことだ。

私はあんまり他人に嫉妬したり誰かになりたいと思ったりすることは多くない方なのだけど、こればっかりは本当に羨ましい。

昔っから私の文体はだらだらと冗長で、だんだん書いているうちに温度感が変わってしまったりもして、ぴったりくる表現がなかなかできない。

理系の思考回路が果てしなく弱いので、短く簡潔にまとめる、というのが出来ないし、そもそもきっぱりしすぎているのも好きじゃない。

上手いこと余白のある、あんな実感の伴う文章を書けたらどんなにいいだろう。


リズム感は結構大事にしてるんだけどな、息継ぎの場所とか。
あと字面も読みにくくならないように気をつけてる。


でもそれだけじゃなくて、擬音とか比喩がうまいんだよなぁ。感受したものの再現力というか、想像力というか。

少しでも良いなぁって思える文章書けるようなるには、やっぱりひたすら書くしかないのかなぁ。


あ、でもそうか、わかった。そもそも圧倒的にインプットの量が足りないんだよね。

本読もう、本。