読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選ぶ景色、もとい雑記。

思いつきとかメモとか残したいものとか残したくないものとか。

RAY

そうそう先週末の土曜、ようやくBUMPの映画観た。WILLPOLIS 2014 劇場版。

f:id:haretara:20141216081948j:plain


一言で言う。

最高に素晴らしかった。


私はここのところずっとBUMP熱が落ち着いてしまって、特別で大好きであることには変わりないんだけど、あまり高い温度感で追っかける気になれなかったから、このツアーも1箇所しか行かなかった。

東京ドームも諦めたし、コーストも当然のように当たらなかった。


でもね、この映画を観て、観られて、本当に良かった。

少し前にテレビでこのドキュメンタリーも観てたから、それともリンクして。

BUMPメンバーの覚悟とか、作り手みんなの思いとか、観に来てるみんな一人一人の存在とか、色々なものが集まって大きな形を作って、ものすごい力を持った作品が出来ていた。


「どう考えても生きてるの最高だな」


そんなこと、今まで微塵も思ったことなかったのにね。

映画を観てる間、2/3くらいずーっと涙が流れてた。

泣こうなんて全然思わないのに、勝手に溢れて、溢れて。


本当にかっこよくて優しい人々。
だからみんな、彼らの周りに集まるんだよ。

音楽も、そんな彼らだからこそ、そこに生まれてくるんだよ。


音楽と人間性を切り離して考えられたら、また音楽への考え方って全然変わってくるんだろうけど、やっぱり音楽は、その人だよ。

どうしたって、生み出した人、音を作る人々、その生き写しだよ。


彼らと、彼らの音楽が大好きだ。あまりにも大切だ。


どうかどうか、このまま出来るだけ長く続きますように。

絶対に永遠はないけれど、せめて悲しい終わりがきませんように。








それと藤原基央の鎖骨は、国宝に指定すべき。